NEWS

工務店に必要なコンテンツマーケティングの考え方

工務店におけるコンテンツマーケティングとは?

工務店にコンテンツマーケティングとは、読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして、見込み顧客のニーズを育成、契約を経て、最終的にはファンとして定着させることです。

ポイントは、下記の3点です。

  • 価値のあるコンテンツを作る
  • 顧客を育てる
  • ファン化する

 

家づくりに対するニーズが顕在化した「今すぐ客」をターゲットとする従来手法とは異なり、まだニーズを顕在化していない「潜在層」に対し、コンテンツをとおして自社の存在を認知してもらい、段階的に契約へと後押ししていくことに重きを置くのが特徴です。

 

工務店のコンテンツマーケティングの考え方(ストーリー)

コンテンツマーケティングは下記のフローとなります。

  1. サイトへの流入:見込み客を引き寄せる
  2. リード獲得:問合せを受ける
  3. リード育成:ファン化を図る
  4. 成約:契約に結びつく行動を促す
  5. リピーター:別の顧客の紹介などにつながる

各プロセスで、適切で価値のあるコンテンツを「ユーザー目線」で制作することがポイントです。

 

コンテンツマーケティングは恋愛に似ている

コンテンツマーケティングは恋愛に似ています。

通常、初めて会った人にいきなり告白することはありません。

まずは、自分に興味をもってもらう努力をします。

そして、自分を好きになってもらう努力もします。

 

工務店におけるコンテンツマーケティングも、顧客に興味を持ってもらい、「段階的に」関係を深めていく点で共通しています。

家づくりを検討中のユーザーは、広告や営業をとても嫌います。

ユーザーに嫌われないように

接触の回数(コンテンツを見てもらう)を増やし、

段階的に自分を知ってもらい(自社の得意なことや実績を評価してもらう)、

好きになってもらう(契約してもらう)

ことが工務店におけるコンテンツマーケティングの極意です。

 

コンテンツマーケティングに関するお問合せはこちらです。

お問い合わせフォーム

ハウス・ベースへのご相談はメールで承っております。
お気軽にご相談ください。
[営業時間 9:00~18:00]